ZEHへの取り組み

当社では、本格的なゼロエネルギー(ZEH)住宅への取り組みを進めております。
ZEH(ゼッチ)(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス) とは
 住宅の住宅の高断熱化と高効率設備により、快適な室内環境と大幅な省エネルギーを同時に実現した上で、
太陽光発電等によってエネルギーを創り、年間に消費する正味(ネット)のエネルギー量が概ねゼロ以下となる住宅です。

株式会社 仁多見建築は、経済産業省のネット・ゼロ・エネルギー・ハウス支援事業において「ZEHビルダー」として登録されます。
当社はこれ等を取り入れる事によりランニングコストはもちろん、
環境にやさしい ご提案をさせて頂きます。

なお、今回、ZEHビルダー登録を受けることにより、 経済産業省のZEH補助金が利用可能です。

住宅業界では2020年度までに、新築の半分をゼロエネルギー住宅にする目標を掲げております。 今年は、ゼロエネルギー住宅を建築するビルダーを登録して、ゼロエネルギーハウスの普及に取り組みます。 この事業では、ゼロエネルギー住宅を新築しようとするお客様に補助金を活用することができ、普及の大きな足掛かりとなることと思います。 経済産業省では、このビルダー登録にあたり、ZEH目標の公表を必須としております。 弊社 株式会社 仁多見建築でも ここで普及目標を公表させていただきます。 当社では、ZEH(ゼロ・エネルギー・ハウス)の棟数の割合を、  50%とする目標を掲げます。

   目標  実績
平成29年度(2017年) 20%  0%
平成30年度(2018年) 30%  0%
令和元年度(2019年) 40%  0%
令和2年度(2020年) 50%  0%
令和3年度(2021年) 50%  0%